2018年7月15日

6/9 低地性ゼフ類

ウラナミアカシジミの既知ポイントへ行った。
ここ何年も見ていないが、今日は1頭出てきてくれた。
茂みの奥で証拠写真のみ。
ムラサキシジミは頭をダニが付いているのか?
ハンノキポイントにはミドリシジミがいた。
6月9日のミドリシジミはマイ最早記録。
ミズイロオナガシジミはまだ新鮮。
池をバックに撮ると、背景が青くなって珍しい雰囲気になった。
S20180609ae80d540 S20180609be80d700
S20180609ce80d629 S20180609de80d754
S20180609ee80d769 S20180609fe80d791
S20180609ge80d808 S20180609he80d840

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年7月 7日

6/2 ウラナミアカシジミとテングチョウなど

sさんからウラナミアカシジミのポイントを教えていただいたので、出撃。
樹は高いが、長竿で叩くと複数個体飛び出す。
ともかく高いので撮影は難儀するが、低い位置に降りてくる個体もあり、何とか撮影できた。
ここにはアカシジミはいないようで、ミズイロオナガシジミとイシガケチョウがいた。
これだけじっくりウラナミアカシジミを撮影したのは久しぶり。
S20180602ae80d444 S20180602be80d361
S20180602ce80d392 S20180602de80d420
S20180602ee80d388 S20180602fe80d461

場所を変えると、テングチョウが集団吸水していた。
モミジで開翅する個体もいた。この時期のテングチョウの翅表のオレンジは鮮やか。
ダイミョウセセリは、久しぶりに下から狙ってみた。
S20180602ge80d567 S20180602he80d624
S20180602ie80d620 S20180602je80d610

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月 1日

5/27 ミスジチョウ

近場のホシミスジポイントに行った。
ホシミスジは当地では超普通種だが、お気に入りのチョウで、いつもこの時期足を向ける。
昨年はミスジチョウを見たなと思っていると、今年もミスジチョウが現れ、慌ててシャッターを押した。
S20180527ae80d211rev S20180527be80d213rev
S20180527ce80d217rev S20180527de80d223rev
S20180527ee80d224rev S20180527fe80d231rev

周囲を探索すると、活動範囲がボヤっとわかってきて、テリを張る場所も分かったので、多数写真が撮れた。
S20180527ge80d276 S20180527he80d283
S20180527ie80d291 S20180527je80d297
S20180527ke80d299 S20180527le80d332

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日

5/26 コムラサキなど

ゼフのシーズンに入ったが、どうも少ない。
クリの樹にはアカシジミがかろうじていたくらいで、他にはルリシジミがいたくらい。
仕方がないので、コムラサキポイントへ。
ここはヤナギが高く、見上げるばかり。
たまたま降りてきて開翅した個体がいたが、どうもこれは♀だったようだ。
S20180526ae80d180 S20180526be80d190
S20180526ce80d075rev S20180526de80d107
S20180526ecs030rev S20180526fcs037rev
S20180526gcs028rev S20180526he80d129rev

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月16日

5/20 アサギマダラとゴマダラチョウ

いつもこの時期は何を狙おうか迷うが、とりあえず出撃。
思いがけず、ネズミモチにアサギマダラが来ていた。
この時期にアサギマダラをしっかりと見るのは初めて。
S20180520ae80d083 S20180520be80d093
S20180520ce80d097 S20180520de80d109

アサギマダラがもう一頭いたと思ったら、これはゴマダラチョウ。
途中で休みながら産卵していた。
ゴマダラチョウは葉の上に産卵するんだ。
S20180520ee80d167 S20180520fe80d172
S20180520ge80d185 S20180520he80d197rev
S20180520ie80d199

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 3日

5/5 連休最後のオナガアゲハ

ゴールデンウィークで出撃できるのも今日で最後。
ということで、オナガアゲハを見に行くことにした。
この時期の吸蜜はモチツツジ?でヒラドツツジのように頭を突っ込まないので、撮りやすいと思った。
が、新しいカメラではモチツツジの花の白さに引かれてか、蝶は真っ黒になってしまう。
今回もソフトで調整してアップ。
S20180505ae80d137 S20180505be80d140
S20180505ce80d145 S20180505de80d150
S20180505ee80d159 S20180505fe80d170
S20180505ge80d172 S20180505he80d326
S20180505ie80d330

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月27日

5/1 アオバセセリの占有行動

ピークポイントに行くと、アオバセセリが占有行動をしていた。
暗い空間で高速で旋回しいて、ピントが合わないのはもちろん、背景の明るさのために蝶は真っ黒になる。
それをなんとかソフトで調整したが、微妙に不自然な感じとなる。
それでも、アオバセセリの飛翔と分かる写真になったので、とりあえずアップ。
S20180501anv034ps2 S20180501bnv037ps
S20180501cnv038ps S20180501dnv054ps
S20180501env138ps S20180501fnv141ps
S20180501gnv231ps S20180501hnv299ps2
S20180501inv302ps2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月19日

4/30 ギンイチモンジセセリ

ゴールデンウィークは、ギンイチモンジセセリ。
Iさんから教えていただいたポイントを探索することにした。
ポイントに着くと、ジャコウアゲハがパトロールしている。
ギンイチが見当たらないので、飛翔写真を撮影。
S20180430anv226psrev S20180430bnv262psrev

ポイントを移動すると、ギンイチモンジセセリが1頭見つかった。
これも、飛び立ちの飛翔を撮影。
S20180430ce80d026 S20180430dnv419
S20180430env420 S20180430fnv421

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日

4/22 ヒラドツツジのパピリオ-その2

昨日に続いて、この日は海沿いのヒラドツツジポイント。
今年は自然の進みが早いようなので、ナガサキアゲハを期待したが、さすがに早すぎたようだ。
ここでは、ナミアゲハとクロアゲハが撮影できた。
S20180422ae80d427ps_2 S20180422be80d452ps_2
S20180422ce80d369ps_2 S20180422de80d372ps_2
S20180422ee80d377ps_2 S20180422fe80d366ps_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月 6日

4月21日: ヒラドツツジのパピリオ

最近、ブログへのアップが滞っている。
理由は、デジイチに切り替えてシャッターを押すチャンスは格段に多くなおり、多く撮影できているからよいようなものの、出来が芳しくないものが多い。
これらを選別したり、画像処理で何とかできないかといじったりするのに時間がかかっているからだ。
この日はミヤマカラスアゲハを本命に、ヒラドツツジに来るパピリオを狙った。
結果は散々で、どうもツツジの明るさとミカラの黒さのコントラストが強すぎるからのようだ。
キアゲハの場合は、比較的よく撮れている。
ミヤマカラスは既に破損しているので、次回は来年。
さぁ、どうしたものか。
S20180421ae80d032rev S20180421be80d057
S20180421ce80d068rev S20180421de80d098rev
S20180421ee80d106rev S20180421fe80d157rev

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«春のチョウ